尾谷工務店 | 越谷の曳家Ⅰ - 尾谷工務店
20217
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-20217,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded

越谷の曳家Ⅰ / その他の物件

設計趣旨
 本物件は区画整理事業に伴う移転工事である。
一般的に建物の老朽化が目立ち、現在の使い勝手に合わない場合、解体し新築するのが、簡単な解決策の様に思われる。
果たしてそうなのだろうか?
もちろん、建築当初と違う、家族構成や身体の変化に対応する為に新築する事も解決策の一つだと思う。

 この建物では、長い年月を共にした建物に感謝をしつつ使えるものは使い、傷んだ箇所を直すことにより、さらなる月日を共に暮らせるよう曳家にて改修した。

 通常とは違う、区画整理事業に伴う工事の為、曳家工事のタイミングや新区画の道路工事、ライフラインの整備などがある為、工程監理が大変だったが、近隣の方々や行政の配慮に助けられた。

 また、施主の寛大な心と笑顔に応える為、工事関係者が心を込め一丸となり、工事に携わる事が出来た事が嬉しく思う。

(設計 海工作舎)
物件概要

項目

詳細

建物名 越谷の曳家Ⅰ
所在地 埼玉県越谷市
主要用途 専用住宅
構造・規模 木造在来工法2階建
敷地面積 90.00㎡
建築面積 61.27㎡
延床面積 86.11㎡
1階 57.96㎡
2階 28.15㎡
敷地条件 市街化区域
道路幅員 南6.00m
図面
1 ポーチ 2 玄関 3 和室 4 台所
1:曳家工事 基礎に鋼材引き込みヶ所の孔を空ける
2:曳家工事 鋼材引き込みの上ジャッキアップ
3:曳家工事 仮置き後の既存基礎
4:曳家工事 既存基礎撤去
5:曳家工事 仮置き・養生
6:曳家工事 新設基礎完了
7:曳家工事 新設基礎完了
8:曳家工事 新設基礎にレール設置の上、建物のジャッキアップ。
9:曳家工事 新設基礎に移動
10:曳家工事 新設基礎に定着
11:曳家工事 完了
12:曳家工事 完了
13:竣工 外観
14:竣工 外観
15:竣工 玄関
16:竣工 台所