尾谷工務店 | 尾谷工務店 | 越谷の家Ⅱ 敷地調査 -
20632
post-template-default,single,single-post,postid-20632,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded

越谷の家Ⅱ 敷地調査

越谷の家Ⅱ 敷地調査

Posted by 尾谷 in 建築

「家を造る」という事は、これから非常に長いお付き合いをさせて頂くという事です。

その前段階としてお互いを理解する為の、「お見合い」期間として弊社が手掛けた実作を見学して頂き、お客様が熟考された上でご依頼を承って居ります。

 

越谷市在住のご新規U様との「お見合い期間」を終え、敷地調査をしてきました。

 

■現在住まわれているお宅にある、四季折々の表情を魅せる手入れの行き届いた庭を眺め、施主のU様とお茶をし。。。

01

 

 

■現在の場所から区画整理により移動する、ゆったりした土地や工事中の道路をご主人様に案内して頂き。。。

 

※「区画整理」とは。。。
分かりやすく言うと、道路の幅が狭くて、公園や公共下水道もないような地域の、道路幅を広くし、公園や公共下水道を完備した街にする手法の一つを言います。

 

02

 

03

 

04

 

■越谷市役所の。。。

05

 

 

■3階に行き。。。

06

 

 

■関係各課で、いつもの調査だけでなく、「市街地整備課」で、区画整理事業の道路やライフラインの事業年度を確認をしました。

07

 

 

※U様。
ゆったりした敷地に役割のあるブロックと庭を点在させ、大切に育てられた庭木を奥様のお許しが得られる範囲で(笑)、可能な限り移植したいと思ってます。

緑の中を縫うように、居場所と機能が調和しながら連続していくイメージを頭の中で思い描いています。

25 8月 2015 no comments

Post a comment