尾谷工務店 | 松伏の家Ⅱ - 尾谷工務店
18938
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-18938,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded

松伏の家Ⅱ / 新築

設計趣旨
 少年時代、私が育った地域では農業を営んでる家が多くあり、友人の家や納屋で隠れんぼをしたり、田んぼや畑で泥んこになりながら、虫取りなどをして遊んだ楽しい思い出がある。
ただ、農家住宅には暗いイメージがあった。暗い中廊下を挟んで、一番日当たりの良い南側は、2間続きの和室(客間)があり、北側には寝室や洗面所やトイレがあった。

 この建物は、畑や田んぼが広がる、古き良き時代の面影を残す穏やかな場所に建っている。 はじめて敷地を訪れた時、ゆったりとした敷地を見ながら、記憶を継承しつつ、風が抜け光が溢れるおおらかな住宅をイメージした。
施主からの要望である「大勢の人が集まれる和室」と最初にイメージした空間とを具体化しながら設計を始めた。

 爽やかな風と若葉の新緑が美しい、5月に竣工した。 この建物は一般的なプランではあるが、空間をずらしたり抜けを作る事により、少年時代から抱いていた暗いイメージはなくなった。
ゆったりとした室内には風が通り抜け、太陽の移動に合わせ光と陰を壁や床に落としていく、おおらかで質の高い住宅になったと思う。

 この建物を通して、施主だけではなくこの住宅に集う人々の昔の記憶を呼び覚まし、新たな記憶を重ねてくれたらと願っている。

(設計 海工作舎)
物件概要

項目

詳細

建物名 松伏の家Ⅱ
所在地 埼玉県北葛飾郡松伏町
主要用途 専用住宅+納屋(既存建物)
家族構成 夫婦+子供
構造・規模 木造在来工法2階建
敷地面積 1232.79㎡
建築面積 122.54㎡
延床面積 162.71㎡
1階 118.13㎡
2階 44.58㎡
軒高 5922mm
最高高さ 6860mm
敷地条件 市街化区域
道路幅員 東8.73m
駐車台数 3台+農業機械
図面
1 ポーチ 2 中庭 3 玄関 4 居間 5 食堂 6 台所 7 土間 8 食品庫 <br />9 納戸 10 和室 11 広緑 12 主寝室 13 寝室 14 テラス
1 ポーチ 2 中庭 3 玄関 4 居間 5 食堂 6 台所 7 土間 8 食品庫 <br />9 納戸 10 和室 11 広緑 12 主寝室 13 寝室 14 テラス
1 ポーチ 2 中庭 3 玄関 4 居間 5 食堂 6 台所 7 土間 8 食品庫 <br />9 納戸 10 和室 11 広緑 12 主寝室 13 寝室 14 テラス
1:外観 ゆったりした敷地におおらかに建っている。雨露から建物を守る為、軒を出す事により彫りの深い表情をしている。
2:ポーチ 光が中庭に差し込む。屋根は和瓦。天井は杉の無垢板。外壁はジョリパットと土壁の様な質感のせっ器質タイル。
3:外観 南全景
4:玄関 右手に居間、左手に食堂と正面の壁で領域を分けている。壁と天井は杉の無垢板。
5:居間 居間よりコーナー窓を見る。窓台は60㎜の杉の無垢板で、腰掛けられる様に400㎜の高さにしている。
6:居間 居間より台所を見る。
7:居間 居間から階段室を見る。階段室の上部から外の光が漏れる。独立柱は杉の150㎜角。壁は杉の無垢板と塗装仕上げ。天井は塗装仕上げ。床はタモの無垢フローリングで床暖房を施している。
8:台所 台所から食堂を見る。背面には食器棚。両脇には土間と食品庫を適所に設けてる。
9:和室 障子を閉めた状態の和室西面。ガラスの欄間からは広縁の天井が見え、光が反射し和室に伝わる。
10:和室 床の間、仏壇を見る。床柱は本鉄刃木の甲丸。地板はタモ無垢板に「時代仕上」を施してある。
11:和室 和室東面。柔らかな光や風が広縁、中庭から入ってくる。欄間は以前の家にあった物を再利用している。
12:広緑 広縁前の軒の出は1200㎜。床は桧の無垢フローリング。天井は杉の無垢板。
13:主寝室 主寝室の納戸を見る。戸の引き手はタモ材を押し縁のように付けてるだけ。床はタモの無垢フローリング。
14:テラス ゆったりしたテラス
15:洗面所 洗面台は陶器製のシンクと25㎜のタイルの組み合わせ
16:トイレ 1階トイレ