尾谷工務店 | 内装 - 尾谷工務店
20299
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-20299,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded

内装 / リフォーム

リフォーム詳細
工事前
床は長年の月日でたわむフローリング。壁は下地に沿ったヒビがある京壁。 階段の手摺子が動いてしまい、本来の手摺としての機能を果たしてない。

工事後
床は断熱材・防蟻処理をした上で、他の部屋との段差を無くしたフローリング張り。 壁は建具高さに合わせH=1800までの部分は杉の無垢板を張り、上部はクロス張り。 階段の既存の手摺子は撤去した上で、杉の無垢材を使い子供の頭が入らない寸法で造り直し、壁には連続した手摺をタモの無垢材を加工し取り付けた。 階段下を収納として有効利用する為に、蹴込板を張った。
 関連ブログ記事