尾谷工務店 | 水に沈む材木 ウリン - 尾谷工務店
26588
single,single-post,postid-26588,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded

水に沈む材木 ウリン

水に沈む材木 ウリン

Posted by 尾谷 in 建築

11年前弊社で工事をしたお客様より

「濡れ縁がボロ縁になりましたー(笑)交換してくださいな」

という連絡があったので伺うと、本当にボロ縁(笑)。

当時、「自分で手入れをするから塗装しなくて良いですよ」という言葉を信じたのですが、

気持ちよいくらいに手入れせず、まもなく土に還ろうという状況。。。

 

では、春日部市で水に沈む材木で製作した濡れ縁の模様をお届けします。

 

■春日部市 T邸

◇ボロ縁をポイし。。。

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇手入れをしない事は確定なので、

今回の濡れ縁は、30年間メンテナンスフリーと言われてる「ウリン」で製作です。

木の密度が高いため水に沈みます。

 

02

 

 

 

 

 

 

 

 

◇ちなみに、20年間メンテナンスフリーと言われてる「セランガンバツ」は浮きましたが。。。

03

 

 

 

 

 

 

 

 

◇一日放置してたらセランガンバツも沈み、赤い出汁が出ていました。

ここで、『豆知識』

ウリン材やセランガンバツにはポリフェノールが含まれているため、

雨風によってこのポリフェノールが染み出てきて、ウッドデッキの周りや下地の汚れの原因になることがあります。

 

「耐久性があるウリン材で外壁を張ろう!俺ってお洒落だぜー」という自意識の高い設計者様お気をつけください。

もし、お客様から「この汚れ気になるんですけど。。。」と言われたら、

「この染みはポリフェノールなんです。

抗菌作用が含まれてるので、悪い奴からこの家を守ってるんですよ。

僕からのささやかな気持ちです♪」っと是非言ってみてください。

怒気を含んだ声で「悪いやつはお前だ!訴えるー!!」っとお客様から言われる姿が目に浮かびます(笑)

04

 

 

 

 

 

 

 

 

◇大工さんは、

水に沈むくらいアホみたいに固いウリン材を、加工し。。。

06

 

 

 

 

 

 

 

 

◇アホみたいにいる蚊と格闘しながら、

濡れ縁を設置してる頃。。。

07

 

 

 

 

 

 

 

 

◇私は、

畑に頭を突っ込んでる奥様を発見し、

笑いながら「野良猫みたいですねー」だなんて言ってたら。。。

99

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇私の為に、ミョウガや。。。

09

 

 

 

 

 

 

 

 

◇トマトを収穫してくれてたみたいです。

10

 

 

 

 

 

 

 

 

◇その夜、自宅で焼酎にミョウガを入れて飲んでみましたが、

薬みたいで個性の強い飲み物でした。

11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇工事を終え、朝の爽やかな時間に奥様からメール。

喜んでいただけて嬉しいけど、ハートマークは要らないかなーっとか。。。

12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇励ましてないけど30年生きるのね!100歳まで生きて、濡れ縁の注文してー!!

っとメールに突っ込みを入れなが読んでると、

「夕方渡すものあるから来て」という内容なので、

今度は甘酢漬けしたミョウガとか、

ミョウガの豚巻きがいいなーっと、

勝手に考えていました。

13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇夕方、

床はカリンの無垢材、壁は珪藻土の自宅に伺うと。。。

14

 

 

 

 

 

 

 

 

◇魔女の台所のように、魚の干物がリースのように飾ってありました。

この魚、有明海に生息してる「ワラスボ」という魚で佐賀県の珍味らしいです。

そんな魔女。。。

ではなくT様は、今でも現役の学校の先生です。

 

15

 

 

 

 

 

 

 

 

◇濡れ縁の完成

野趣溢れる庭、石畳、ウリン材の濡れ縁

16

 

 

 

 

 

 

 

 

◇全景

17

 

 

 

 

 

 

 

 

◇大量にいる蚊は、この池と小川のせいです。。。

18

 

 

 

 

 

 

 

 

※T様

紅葉の時期遊びに伺います!

不味いですけど、一緒にミョウガ焼酎飲みましょう!

19

 

 

 

 

 

 

 

26 9月 2017 no comments

Post a comment