尾谷工務店 | 変わるもの、変わらないもの - 尾谷工務店
27589
post-template-default,single,single-post,postid-27589,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded

変わるもの、変わらないもの

変わるもの、変わらないもの

Posted by 尾谷 in 建築

13年前。

当時30才の私が設計した、80才と78才のご夫婦の「我孫子の家」。

多くの経験を積んできた依頼主に対して、小手先の設計や能書きではすぐ見抜かれると思い、

少しの緊張と少しの経験と一緒に、依頼主の大船に乗らせて頂くことに決めました。

そうすることで肩の力が抜け、萎縮することなく取り組むことが出来たと思います。

若い設計者に「終の棲家」を委ねた施主のおおらかな大船のお陰で、

今も昔も変わらないたくさんのディテールという引き出しが産まれました。

 

成長していないのか、はたまたブレていないのかは分かりませんが、

「我孫子の家」のメンテナンスの模様と一緒に、

『変わるもの』、『変わらないもの』をご覧下さい。

 

■我孫子市 T邸

設計期間:2004年5月~10月

工事期間:2004年11月~2005年3月

◆メンテナンス

◇13年目の外観

 

 

 

 

 

 

 

 

◇依頼されていた階段や。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇吹き抜け越しの和室に手摺を設置し。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇外部収納の木製扉を新調し。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇サッシ調整をし。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇塗装のメンテナンスを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇あれから13年。

ご主人様は他界されましたが、

91才の奥様は家事を一人でこなし、

友達とフラダンスをしたり元気に過ごされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

◇幼さが残ってますが、30才の私が描いていた図面です。

1階平面図

 

 

 

 

 

 

 

 

◇2階平面図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇断面図

 

 

 

 

 

 

 

 

■『変わるもの』、『変わらないもの』

◇玄関、ホール

天井高さ:2200㎜

手摺代わりになる、カウンターと手摺がシンプルに組み合わさっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇手摺とカウンターの取り合いのスケッチ。

毎日現場に行っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

◇居間、食堂

天井高さ:2371㎜

床:カリン

壁:珪藻土

天井:杉

造作材:ピーラー材

 

 

 

 

 

 

 

 

◇居間、食堂

玄関ホールとは幅1200㎜の扉で仕切られている。

 

 

 

 

 

 

 

 

◇動線の要の位置に、インターホン、床暖房リモコン、スイッチ等が並んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

◇洗面所

天井高さ:2200㎜

奥の扉を開けると。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇トイレ

洗面所とトイレが一体になっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇洗面化粧台

 

 

 

 

 

 

 

 

◇納戸

天井高さ:2200㎜

片側には手持ちの箪笥。

もう片側にはパイプの設置。

 

 

 

 

 

 

 

 

◇1階寝室

天井高さ:2300㎜

寝室から納戸を通って洗面所、トイレ、浴室に行ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

◇居間から吹き抜けを見上げる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇踊り場からお茶をしてるサッシ屋さんを見下ろす。

 

 

 

 

 

 

 

 

◇踊り場から吹き抜け越しの和室を見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

◇2階寝室

天井高さ:2300㎜

窓横の板張りはベットボードを兼ね、

書斎スペース、クローゼット、納戸が設えてある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇2階和室

天井高さ:2250㎜

床の間の窓は風の通り道。

吹き抜け越しにある障子は、手賀沼の花火大会での特等席。

曾孫さんの転落防止の為、手摺の新設。

一部天井は葦ボード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇左の色の濃い手摺は当時のもの。

若干寸法は違うが、今と同じディテール。

 

 

 

 

 

 

 

 

◇2階トイレ

天井高さ:2200㎜

建具の反り止め材に切り欠き加工をし、

手摺を兼ねている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※今後も、『変わることの意味』、『変わらないことの大切さ』を住まい手から学び、

自分の感性で確立したいと思います。

そうする事で、住まいは新たな世代に替わったからといって、

壊されること無く継承されると確信しています。

 

最後になりましたがT様。

愛着を持って綺麗に生活してるのを見て嬉しい限りです。

本当にありがとうございます!!

 

13 2月 2018 no comments

Post a comment